プレミアムウォーター 硬度

プレミアムウォーターの水は大丈夫?理想的な硬度とは

 

 

プレミアムウォーター硬度は、体に悪影響を与えないのか心配ですよね。
硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量のことを言います。

 

安心して飲むのであれば、水の硬度について知っておく必要があります。
それでは早速、硬度について説明していきますね!

 

プレミアムウォーターの水はどう?硬度が高いと悪影響な理由

 

プレミアムウォーター硬度が高いのか低いのか気になりますよね。
水には軟水と硬水があり、硬度の含有量によってどちらになるか決まります。
プレミアムウォーターは硬度が低いので軟水になります。

 

【プレミアムウォーター天然水の硬度】

山梨県:富士吉田 25mg/リットル
熊本県:南阿蘇 36mg/リットル
島根県:金城 83mg/リットル

 

WHO(世界保健機関)基準

軟水は120mg/リットル未満

硬水は120mg/リットル以上

 

一般的な基準

軟水は0〜100mg/リットル未満

中硬水は100〜300mg/リットル未満
硬水は300mg/リットル以上

 

水の硬度が高い場合のメリットとデメリット

 

水の硬度が高い、すなわち硬水ですね。
硬水だと、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

 

 

硬水のメリット

■硬水にはマグネシウムが多く含まれています。
 マグネシウムは下剤としても使われているため、便秘解消の効果に期待できる。

 

■マグネシウムやカルシウムを含んだ硬水には、血液の流れを良くする効果がある
 と言われています。動脈硬化や心筋梗塞の予防として硬水を摂取するのも良いでしょう。

 

硬水のデメリット

■胃腸の弱い人が硬水を摂りすぎると、マグネシウムの影響で下痢しやすくなる場合がある。
■カルシウムがろ過しきれないため、結石になる確率が高くなる。

 

硬度が低い水だと、体に影響を与えるリスクは抑えられそうですね。
プレミアムウォーターは軟水ですが、ミネラルが少ないため赤ちゃんのミルク作りにも安心して使えますし、また、シリカを含有してるのでアンチエイジング効果にも期待できます。